みなさまのレビュー【お客様の声】
RSS

ショーベタブリーダー訪問記

ショーベタブリーダー・スポーン氏再訪記

当店にいつも良質のショーベタとプラカットを送り続けてくれているタイのブリーダー、
スポーン氏のファームを3年ぶりに訪れました。

彼のファームは、緑が豊かな森のなかにあります。

久しぶりの再会を喜びあう、スポーン氏(右)と私。

 当初3時間の訪問予定でした。

 しかし、ベタ談義が盛り上がり、お互いに他の予定をキャンセルして、
結局3日間も滞在してしまいました。

これらが、ショーベタとプラカットの育成タンクです。
 ここで、繁殖と若魚の育成が行われます。

これが若魚の育成タンクです。
 水草が生い茂る広いスペースで、南国の太陽の下、元気に育ちます。

これは、プラカット・フルメタルブルーの若魚です。

スポーン氏が手にしているのは、生きたミジンコです。
 ベタを大きく立派に育てるには欠かせないエサだそうです。

ここは繁殖タンクです。
 真ん中の水槽のなかにメスを入れてお見合いをさせます。
 このタンクでは、今回ショーベタのロイヤルブルーハーフムーンの繁殖が行われます。
写真では見えませんが、大きく立派なオスが外側にいます。

種親に選ばれたロイヤルブルーハーフムーンのメスです。
 抱卵した健康的なメスで、
メスでありながらハーフムーンの立派な尾ビレをしています。

 ちなみにこの系統からは、時折、ブラックメラノも出現するそうです。

ここは室内にある若オスの育成場所です。
 雌雄の区別がつくサイズになるとオスはこのビンに入れられ、
ある程度ヒレが大きくなるまでここで育成されます。

ショーベタの管理は、スポーン氏と奥さんのナムワーンさんの
2人でおこなわれています。
 ナムワーン夫人もショーベタにはかなり詳しいです。

ここが育成の最終段階です。
 個別の水槽で大切に管理され出荷されるサイズになるまで育成されます。
 ちょうどこの棚に入っているのはすべて当店向けに選別された個体です。