みなさまのレビュー【お客様の声】
RSS

ベタ ヘンドラー (シンパンブンクル産)【♂♀ペア】 ~新種記載された極美ベタ!!~


 ベタ・ヘンドラーは 中央カリマンタン東部に分布するコッキーナ・グループの小型種です。

 本種は2009年7月に二神俊哉氏によって、
当時一般ルートで輸入されたベタ・ウベリスのなかに混じっていたのが発見されました。
 そして、月刊フィッシュマガジンにて佐々木浩之氏によって発表され、
その美しさから一躍有名になったワイルドベタです。

 しかし二神氏の発見後、誰も本種の現地生息地が特定できず、謎のままになっていました。

 しかし最近になって、当店が現地のワイルドベタハンターに依頼して、
生息地の発見と本種の採集に成功しました!

 本種は、いわゆる“赤系ベタ”と呼ばれるコッキーナ・グループに属しますが、
体色はベタ・ペルセフォンやフォーシーのような黒色で、
さらに体表には、目が覚めるような濃いモルフォブルーの光沢を放つ、
従来のベタ界の常識を覆すような、突き抜けた美しさをもつ新種ワイルドベタです。

 送られてきた現地画像によると、生息環境はブラックウォーターの湿地であることがわかります。
 飼育方法は、他のコッキーナ・グループに順じ、アルダーシードで色づけた
弱酸性のブラックウォーターが適しています。。
  
 また、現地のワイルドベタハンターの話によると、どういうわけか本種の生息数は非常に少なく、
また生息地は人が住む地域から途方もなく遠く、採集にはかなり苦労したとのことです。

ベタ ヘンドラー (シンパンブンクル産)【♂♀ペア】 ~新種記載された極美ベタ!!~

価格:

12,000円 (税込)

購入数: ペア
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星半分 4.7 (19件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


 黒い体色にモルフォブルーの発色、頬には2本の鮮紅色ラインがはいり、ヒレには黒いスポットが多数見られます。
 発色全開前のこの姿を見ても、他のワイルドベタがかすんでしまいそうです。


 ベタ・ヘンドラーのメス。やはりヒレには本種の特徴の一つである黒いスポットが見られます。

 画像協力 佐々木浩之氏



世界初公開!ベタ・ヘンドラーの生息地を求めて



 眼下に広がる、中央カリマンタンの低湿地帯


 小さな手漕ぎボートで生息地へ向かう。


 小さな水路にはいってゆく。


 さらに草をかき分け、湿地のなかへひたすら進んでいく。


 今度ははるか向こうの生息地まで歩いてゆく。遠い・・・。


 この森の中にベタ・ヘンドラーが生息しているらしい。


 ここが、ベタ・ヘンドラーの生息地。
どうやって、こんな場所見つけたのだろう。


 水は紅茶を思わせるブラックウォーターだ。


 見事採集されたベタ・ヘンドラー。
黒光りしている姿がそそられる。


 採集された個体は、ここから5,000km以上離れた日本まで無事運ばれました。



画像はあくまで参考です。販売する個体はこれらの画像と異なることがあります。

ページトップへ