みなさまのレビュー【お客様の声】
RSS

ベタ チャンノイデス(パンパン産)【♂♀ペア】~画像更新しました!~


 ベタ チャンノイデスは、アルビマルギナータ・グループに属する小型ベタです。
 本種の分布域は、ボルネオ島東部、東カリマンタン中部のマハカム川流域で
熱帯雨林のなかをゆるやかに流れる細流に生息しています。

 チャンノイデスとは、”チャンナ(スネークヘッド)のような”という意味で、
まさに同じラビリンスフィッシュであるスネークヘッドのような姿を想像して
命名されたと思われるが、実際の姿はスネークヘッドと比べてとても小さく、
成長してもせいぜい体長3~4cmぐらいです。
 またとても美しい色彩をしており、真っ赤な体色で、尾ビレとシリビレには
白い縁取りが入る、ワイルドベタとは思えないとてもチャーミングな種類です。

 本種は同じグループのアルビマルギナータ種に似ていますが、
アルビマルギナータに比べて丸みのある頭部をしており、
また尾ビレの上部と背ビレに黒が入らないところで区別できます。
 また体色の色合いも実際のところかなり違うので、両種を比較飼育してみるのも
楽しいかもしれません。

 本種は弱酸性の軟水を好みますが、飼育はさほど難しくなく、
ほかの小型ベタと比べて、比較的隠れずに水槽の前面に出てきて、
緩慢に泳いでいるので、見ていて楽しいです。

 繁殖も比較的容易ですが、生まれてくる稚魚の数が少なく、
一度の産卵で20~30匹ほどです。

 またオス同士でもほとんど闘争しないので、
30cm水槽程度のスペースで水草を配し、2~3ペアを一緒に飼育するのもいいですね♪

ベタ チャンノイデス(パンパン産)【♂♀ペア】~画像更新しました!~

価格:

9,000円 (税込)

購入数: ペア
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (1件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる








 ベタ・チャンノイデス(パンパン産)のメス個体です。


 ベタ・チャンノイデス(パンパン産)の繁殖シーンです。
オスがメスを包み込むようにして、メスが産卵し、オスが放精します。

 画像はあくまで参考です。販売する個体はこの画像と異なることがあります。




ベタ・チャンノイデスを求めて!


 霧雨降る中、小型ボートでマハカム川をさかのぼり、奥地にある生息地へ向かいます。


 マハカム川流域のパンパン村。



 ここがベタ・チャンノイデスの生息する小川。


 採集されたベタ・チャンノイデスは、発泡スチロールに詰められ、再度小型ボートに載せて下流の町へ運ばれます。


 現地で数日キープされ、コンディションを整えられたあと、当店に送られてきました。

ページトップへ