みなさまのレビュー【お客様の声】
RSS

ベタ アルビマルギナータ(マリナウ産)【♂♀ペア】~白い縁取りが目をひく小型種♪~


 ベタ アルビマルギナータは、ボルネオ島、東カリマンタン州北部の
セブク水系に分布する小型のワイルドベタで、チャンノイデス種とともに
アルビマルギナータ・グループを形成しています。
 本種の生息地は、熱帯雨林をゆるやかに流れる浅い細流です。

 アルビマルギナータとは、ラテン語で”白い縁取り”という意味で、
本種の各ヒレは黒い縁取りの外側に白い縁取りがくっきりと入り、
えんじ色の体色と相まってとても魅力的なカラーコントラストをしています。
 台湾では本種を”熊猫原門”(パンダベタ)と呼んでおり、
可愛らしい色彩や姿がとても人気のようです。

 チャンノイデス種と比べて、本種の頭部は扁平で全体的にスレンダーな
印象があり、何やら小型のカワアナゴといった雰囲気です。
また白い縁取りは本種のほうが広く入っていることが多いです。

 飼育・繁殖は比較的容易ですが、最初は人工飼料に慣れにくいというのはありますので、
ブランシュリンプや冷凍エサから徐々に慣らせていくことをおすすめします。
(当店のオリジナルフード小粒は比較的よく食べます。)

 一方ほかのワイルドベタと比べて温和で、オス同士もあまり激しく闘争しないことが多いので、
複数ペアで飼育することも可能です。

ベタ アルビマルギナータ(マリナウ産)【♂♀ペア】~白い縁取りが目をひく小型種♪~

価格:

9,000円 (税込)

購入数: ペア
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (10件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ


 これがベタ アルビマルギナータです。
独特の扁平な頭部を持ち、えんじ色の体色に白い縁取りをもつ、
とても魅力的なワイルドベタです。




 これは、ベタ アルビマルギナータのメスです。
モスグリーンの体色で、ヒレが赤く染まる独特のカラーリングです。


 仲良くこちらを向いているベタ アルビマルギナータの♂♀ペア。

ベタ・アルビマルギナータを求めて!


 ここが東カリマンタンの北端を流れる セサヤップ川です。
 はるか遠くに見える丘陵地帯のふもとが ベタ・アルビマルギナータの生息地です。


ここがセサヤップ川の上流域にある マリナウ郡です。


そのセサヤップ川の支流、 スンブアック川にそって、 一路生息地に向かいます。


ここからはもう道がないため、カヌーで スンブアック川をさらに奥地へと向かいます。


ここがベタ・アルビマルギナータの生息地です。
スンブアック川へ流れる、草木がうっそうと茂る 小川に生息しているのです。


これが採集されたアルビマルギナータです。


画像があくまで参考です。お送りする個体は画像の個体と同じではないことがあります。

ページトップへ